先週のこと。
夜もえのごはんをあげていた時のこと。ふと首元を触っていたのですが、何かぼこっとした意外と大きい物体。

ん??とよくよく見てみたら、なんと血で毛が固まってるじゃないですか!?いやーなにこれーーーっと恐る恐る毛をかき分けて見たら、、。

皮膚にぽっかり穴が開いてる。。。
大きさは大体2cm位(飼い主のパッと見)こっこれは噂の床ずれってやつでは?!

とその夜は、ガーゼで防御。
いつもならビビることはないのですが、あまりに大きかったのです。。

そして、「床ずれ」について調べるもなんか違う気がする飼い主。床に付く硬い所に出来るのが、床ずれなので、首のタプタプのとこに??でも考えられるのは、床ずれ。。

ただ、もえこまーったく痛みがないのか、いつもと雰囲気変わらず。
痛くないのかしら??と思いつつ、翌日家族に連れられ病院へ。

診断の結果、もえの首の穴ぼこは
「嚢胞(のうほう)」と言われるものでした。

嚢胞とは、皮膚の下に袋状の空洞ができて、そこに膿のようなものが溜まること?今回破裂して膿がでたことにより空洞が丸見えになってしまったもので、新しい皮膚を作るクリームを塗って、抗生物質を飲んで様子を見ることになり、朝晩もえこの首の穴ぼこを観察しつつクリームをぬりぬり。



寝たきりもえこは包帯にいたずらもできないので、エリザベスも付けなくてよかったです。

そして、今日先生のところに行き経過を診てもらったところ、穴ぼこもほぼ埋まっているので、クリームは1日1回で様子を見ることになりました。

ただ、完全に治すには切開手術が必要なのですが、麻酔のリスクをかけてまでやるものではないので、またぶり返す確率が高く、期間としては、数ヶ月の単位とのことでした。なので、しばらくもえこの首元とにらめっこ。要観察でっす。

ハリの先生も言っていたのですが、寝たきりのこは、ブラッシングで皮膚に傷がつきやすいので、要注意とのことでした。

お気を付け下さいませ〜



そんなもえこの首を踏んづけても気にしない、チャラ男。
はげみになりますっ web拍手 by FC2


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログランキング

        

メールフォーム

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM